主婦の脱毛はどうやって夫(旦那)を説得する?理解を得るためのポイント

こんにちは!脱毛アドバイザーのいろはです♪

このサイトは主婦である私が運営しているので、主婦目線で脱毛を語らせていただいております。

主婦の脱毛って、気にしなくちゃいけないことがたくさんありますよね…。

経済的に、脱毛に何十万も使う余裕がない!小さい子どもがいるからサロンに通えない!先の予定が立たないから予約を入れられない!サロンに行く前のシェービングやアフターケアにゆっくり時間をかける余裕がない!…などなど。

「今より、学生の時のほうが時間もお金も余裕があったよ…」という悲しい現実。まわりでもよく耳にします(TωT)

脱毛はお金がかかるイメージがあるため、男性である夫の理解を得られにくいというのもあります。

自由に使えるお金が十分あって、夫に内緒で通えちゃう人はいいですが、できれば誰にも気兼ねなくリラックスして脱毛していきたいですよね。

そこで今回は、主婦の脱毛で「夫の理解を得る」ためのポイントを解説していきたいと思います。

主婦は脱毛に使えるお金に制限がある

主婦,脱毛

「私は主婦だけどお金の制限はないわよ」という羨ましい奥様は、ここは飛ばして読んでくださいね(笑)

でもほとんどの主婦は、自由に使えるお金って制限があると思うんです。

夫に安定した収入がある程度あったとしても、家族の生活費、子どもの学費、保険、旦那の交際費やお小遣い、そして将来のための貯金…ということになれば、自分が自由に使えるお金なんてほんのちょっとですよね。

共働きで、財布が完全に別という夫婦も最近は増えているようですが…うちは、夫の稼ぎも私のわずかな稼ぎもまるっとどんぶり家計なので、夫に内緒で高額の買い物をするというのはかなり難しい状況です(´ω`;)

脱毛のいろは
いろは

そんな私にとって、脱毛をするには「夫の理解」が必要不可欠でした。

そこで、私の経験も踏まえ、今すぐ夫に言いたくなる「夫への説得ポイント」を紹介します!

実は脱毛って格安でできるんです

すぐに答えを言っちゃいますが、「脱毛は1,000円あれば始められる」ということ。

「1,000円で脱毛できるんだけど、してみてもいい?」と聞いて、「高いからダメ!」と言われることはあまりないでしょう。

タネあかしをすると、これは脱毛のキャンペーンを利用します。実際、脱毛する主婦のほとんどが、このキャンペーンから入ると思います。

いきなり「ウン十万円する全身脱毛やりたいんだけど」なんて言ったら、いくらお金に余裕があるご家庭の旦那様でもびっくりすると思います。

まずは、「脱毛はお金がかかる」というイメージをぶっ壊して、最初のハードルを下げちゃいましょう。

本当の目的は脱毛の良さを知ってもらうこと

この作戦が成功して脱毛に通い、自分のお肌がツルツルになってきたら、それを旦那さんにしっかりと見せてあげましょう!

1,000円で全身ツルツルになるのは無理ですが、まずはワキだけでもいいんです。

妻が美しくなって、喜ばない旦那さんはあまりいないはず。

「お、1,000円でそんなにキレイになるんや!いいやん!」と思ってもらえるかもしれません(^^)

そしてこれこそが、この作戦の本当の狙いです!

「脱毛って、良いんだよ!!!」というのを見せつけましょう。

最近の若い世代の間では脱毛する男性も増えているそうで、脱毛に理解があるかもしれませんが、少し世代が変わるとそうはいきません。

30代、40代、50代…の男性にとっては、「え、脱毛?なんのために?いらなくない?」という人がまだまだ多いのが現状。(でも、ムダ毛には文句つけてくる…なんて、勝手なの!)

だから、「脱毛ってめっちゃ良い」ってことを知ってもらう必要があるんです。

脱毛のいろは
いろは

脱毛してキレイになったし、楽になったし、時短にもなった!すっきりして気持ちがいい!ムダ毛がないということが、いかに女性にとって快適か…!ということをアピールしましょう。

特に頑固な男性は、自分の目で見たものしか信じないって人も多いですよね。いくら口で言ったってわからない生き物だということを理解してあげましょう(´-ω-`)

最初はハードルを低くして、脱毛の良さを知ってもらうことから始めてみましょう♪

作戦に使える脱毛サロンはどこ?

ほとんどのサロンで、初めて来店した人に対してキャンペーンをしているので、探せばすぐに見つかるかと思います。

作戦に使うサロンとして私の個人的なおすすめは、部分脱毛がお得なサロンで有名な「ミュゼプラチナム」です。

部分脱毛に特化したミュゼなら、ワキ脱毛やVライン脱毛の通い放題100円とか、300円とかっていう激安キャンペーンをずっとやっています(一応期間限定って書いてあるけど、基本的にずっとやっています)。

この格安脱毛の契約だけでもOK、それ以上のコースに勧誘されたり…ということもないので、安心してください。

ミュゼの特徴や最新キャンペーンの情報をサクッと知りたい人は、こちらの記事がおすすめ♪

【5分でわかる!】ミュゼの特徴と最新キャンペーン情報まとめ
こんにちは! いろはです(^^) 最新のキャンペーン情報 脱毛サロン「ミュゼ」の特徴 について、5分でわかるようにま...

実は多くの主婦が実践している

いろんな方の話を聞いていると、旦那さん公認で脱毛に通っている主婦の方々は

「まずは脱毛は格安でできると言って理解を得た」という人がほとんどです。

そして実際に脱毛した部位を見せてみると、それまで脱毛に反対していた人も「お、キレイになったな」と反応が変わってくるんです。

するとそれまでは反対していたにもかかわらず、「全身脱毛やっちゃったら?」「VIOキレイにしたらどう?」と積極的になった旦那さんもいるそうです(*’ω’*)ほんと、極端ですよね。

基本的に男の人ってツルツルが好きなので、実際に見せてみる(触らせてみる)と驚くほどの効果があるかもしれませんよ♪

主婦が脱毛することのメリット・デメリット

主婦,脱毛

「格安でできるんだよ!」と説得しても、旦那さんの中には「お金の問題じゃない」とおっしゃる方もいるかもしれません。

それは「脱毛=必要のないこと」だと思っているからです。

でも、主婦は夫の知らないところで時間をかけてムダ毛の自己処理をしていたり、キレイになるための涙ぐましい努力をしていたりするものですよね。

では、具体的にどのように旦那さんを説得すればいいのか、脱毛のメリット・デメリットを知ることで見えてくるかもしれません。

主婦脱毛のメリット①ムダ毛の自己処理が楽になる

主婦が脱毛する最大のメリットは、なんといってもムダ毛の自己処理の負担がなくなることです。

脱毛の頻度ややり方(永久脱毛など)によっては、自己処理が一切必要なくなることもあります。

自己処理が楽になると「肌への負担が減る」

ムダ毛の自己処理が楽になると、肌への負担が減ります。比較的肌に優しい電気シェーバーでさえ、頻繁に処理をすることで肌にダメージを与えています。

そのせいでお肌が黒ずんだり、ニキビができたり、ひどい場合は炎症を起こしたところから膿が出てきたり、なかなか治らない埋没毛(うもれ毛)になってしまったり・・・あなたの肌トラブル、実はムダ毛の自己処理のせいかもしれませんよ?

脱毛のいろは
いろは

そんな人は、一刻も早く自己処理をやめて、脱毛サロンへ足を運んでほしいです。

脱毛でムダ毛処理の頻度を少なくしておけば、肌へダメージを与えてしまう機会がぐんと減ります。そのため脱毛後にお肌がキレイになることは良くあることなんです。

自己処理が楽になると「時間が節約できる」

これまでムダ毛の自己処理に使っていた時間が節約できるのも大きなメリットです。

人によって自己処理の頻度は違うと思いますが、処理に気をつかう顔、人目につきやすい腕や脚、手の届かない背中、凹凸があって処理しにくいVIOライン、夏場は欠かせないワキなど、すべてキレイにしようと思ったらかなり大変ですよね。

脱毛をすると、それらの負担が一気に解消されます!

脱毛をはじめてもすぐにツルツルにはなりませんが、脱毛の効果がきちんと出ていれば、ムダ毛が薄くなったり、生えてくるスピードが遅くなったりするんです。

それだけでも、全然違いますよ。

自己処理の頻度もかなり少なくなり、その分、時間的な余裕がでてきます。脱毛に通う前にくらべると、圧倒的に余裕ができます。

家事や子育てで忙しい主婦は、毎日が時間との戦い。そんな主婦にこそ、私はぜひ脱毛をして楽になってもらいたいと思っています。「忙しくて通う暇がない」と思っているかもしれませんが、実は脱毛に通ったほうが時間は節約できるのです!

ああ、今思えば、脱毛前はムダ毛処理にいったいどれだけの労力と時間をかけていたんだろう…。

主婦脱毛のメリット②忙しい主婦に許された自己投資

脱毛は、時間のない主婦こそやるべきだと私は思っています。

なぜなら、脱毛は自分への投資だから。

男性はよく自分への投資だと言って、資格の勉強、筋トレ、読書、セミナー・・・はたまた将来のための”付き合い”だと言って飲みに行ったりしますよね?

主婦にとっては、脱毛こそが自分への投資になるのです。

脱毛は一生モノの財産です。自分のお肌をキレイにすることは、見た目の魅力だけではなく、内面から美しくなれることなんです。

脱毛は時間がかかりますが、長期的に見ると自己処理の頻度が減って時間の節約になります。

つまり、脱毛は忙しい主婦に許された自己投資!私はそう思います。

ただそのときに癒されるだけの”エステ”とは違うということを、旦那さんに説明することが大切です。脱毛は、きちんと自分の身になることなのです。

主婦脱毛のメリット③夫婦の夜の生活が楽しくなる

みなさん突然ですが、旦那さんとセックスはしていますか?

もうそんな関係じゃないとか、子どもがいるからとか、結婚してしばらく経つといろんな悪条件が重なって、だんだんご無沙汰になってくるんですよね…。

私は、妻のムダ毛もその理由のひとつだと思っています。

「急に誘われたけど、ムダ毛処理してなくて恥ずかしいから断った」
「わざわざそのために常にムダ毛を処理していなくちゃいけないのが面倒」

という人は少なくないはずです。

しかし脱毛していれば、そんな心配は一切ありません。いつでもウェルカムな状態なんです。

急なお誘いでも堂々と旦那さまに見せることができますし、旦那さまの趣味によっては「ツルツル最高!」となるかもしれません(*´ω`)ウフフ

まだまだ若々しく夜の生活を送ってみたいかも。。。という主婦のみなさまは、ぜひ検討してみてくださいね。

アソコの毛を脱毛していると、毛があった時よりセックスが気持ちよくなった!という声も聞こえてきますよ。

夫婦の関係にもよりますが・・・「あなたと気持ち良くなりたいから脱毛したい」と言って悪い気になる旦那さんはなかなかいないと思いますよ♡

夫を説得する奥の手!?

ムダ毛の自己処理が楽になる、主婦に許された自己投資…といっても、いまいちピンと来ない旦那さまもいるでしょう。

そんな時には、コレを使ってみてください。

将来の介護が楽になる

これは脱毛の最大のメリットだと私は思っているんですが、もし将来自分が体の自由がきかなくなって誰かのお世話になる時に、脱毛をしておけば、相手の負担をかなり減らすことができるんです。

介護といえば、ずばり、おしもの世話…ですよね。

これが、アソコの毛がワンサカ生えていると、めっちゃ大変らしいんです。私はまだ介護未経験なので想像しかできませんが、実際に親の介護を経験して、これはイカンと脱毛サロンへ向かう方は多いようです。

「将来、私が介護してもらわないといけなくなった時に、あなたに負担をかけたくないの…」

脱毛のこの知られざるメリットは、結構男性を説得するのに効果的だと思います!

むしろ、夫にVIO脱毛してほしいわ…(´v`*)

主婦脱毛のデメリット①お金と時間が必要

脱毛のデメリットをいろいろ挙げても、私は自分ですべて論破できてしまうのですが。。。一応紹介しておきます!

特に主婦が気になる大きなデメリットが、お金と時間です。

旦那さんに必要な出費と比べてみて!

1,000円あれば脱毛できるというお話をしましたが、それはあくまでも部分脱毛のキャンペーンの話。ほとんどがワキ脱毛だけとか、全身脱毛1回だけとかの制限付きです。

人によっては部分脱毛で十分な人もいますが、全身脱毛で完全にキレイになろうと思ったらやっぱり20~30万円はかかってしまいます。

でも、それを一気に支払う必要はないんです。サロンにもよりますが、毎月数千円ずつの支払いなど、分割対応しているお店がほとんどです。

脱毛のいろは
いろは

たとえば、恋肌の月額1,409円(税抜)というプラン。これは実際には58,900円の60回払い(!)なので、5年間コツコツと支払い続ける必要はあるものの、これくらいなら気軽に毎月の家計から捻出できそうですよね。

分割払いはちょっと…という方には、STLASSHの月額プランがおすすめ。7,980円(税抜)で通えて、いつでも好きな時に辞めることができます。

旦那さんの飲み代、毎月いくらかかっていますか?晩酌の缶ビールは月にいくら?筋トレのためのジム代、趣味代、洋服代、全部合わせるといくらになりますか?

おそらくほとんどのご家庭で、主婦が脱毛するよりもお金がかかっているのではないでしょうか。

「自分が稼いだお金だから」「夫が稼いできたお金だから」という考え方は今や時代遅れ。若い世代では専業主婦という職業(?)も減ってきていますが、たとえ専業主婦だって、お金を稼いでいる旦那さんに気をつかう必要はないと私は思います。

将来的に時間は節約になる

脱毛のデメリットとしてよく取り上げられるのが、時間がかかるということ。

忙しい主婦にとって、脱毛に通う時間がもったいないというのは確かにあると思います。

でも実際に通ってみるとわかることなんですが、思ったより時間はかかりません。

・サロンやクリニックに行くまでの時間
今は全国に店舗があるので、きっとご近所や普段よく買い物に行く町にあるはずです。

・脱毛の期間
早いペースのところで1ヶ月に1〜2回。毛周期の関係で基本は3~4ヶ月に1回しか通いません。

・施術の時間
→部位にもよりますが、10分から長くても1時間ほどです。ワキ脱毛だけとか、VIOだけとかなら10~15分で終了します。

脱毛のいろは
いろは

私の場合、電車に20分乗れば都会に出られますので、往復2時間もあれば脱毛して帰ってこれます。たいていは百貨店のお買い物ついでに脱毛もすませちゃうので、脱毛のためにわざわざ電車で出かける…というような面倒くささも感じません。

朝から脱毛に行って、お昼は友だちとランチ♪とかもありですよね(^^)

しかも、それがたった3~4ヶ月に1回です。

そして、脱毛は、将来的には絶対に時間の節約になります

「むしろ時間がないからこそ今のうちに脱毛をやっておきたい!」と、旦那さんを説得してみてはいかがでしょうか。人生を長い目で見ましょう!

主婦脱毛のデメリット②脱毛中は我慢が必要

私の場合は全然大丈夫なんですが、人によっては脱毛中にいろいろと我慢をしなくちゃいけない場合もあります。

たとえば、日焼けをしないこととか、前後10日以内の予防接種はNGだとか・・・

わかりやすく書いてくれている「ミュゼプラチナム」の注意点を引用しておきますね。

お手入れができない条件はありますか?

健康状態が良好ではない場合や、肌トラブルをお持ちの場合はお手入れができません。お手入れ当日、以下に当てはまるものがある場合お手入れをお受けいただけませんので、ご注意ください。
・予約開始時間を過ぎてからのご来店
・体調がすぐれない
・肌が乾燥している
当日お手入れ箇所へ日焼け止め・制汗剤・ボディクリームなどを塗っている(当社が推奨する物は使用可能)
お手入れ箇所の日焼け
・当日のお薬の服用
前後12時間以内の飲酒
前後10日以内の予防接種
・1カ月以内に挙式を控えている。(ウェディングフォトを撮影する場合も含む)
・現在、妊娠・授乳中である。
・当日お手入れ前後に激しい運動や発汗を促す行為をする。
・生理中のデリケートゾーンのお手入れ
・お子さまづれでのご来店
引用:ミュゼプラチナム公式サイト

日焼けどころか、お肌が乾燥しているだけで施術がダメになることもあるんですね。妊娠中、授乳中も施術できません。

お薬を飲んでいる人は、かかりつけの先生に一度相談してみるのがいいかと思います。

上記はミュゼの注意書きですが、どのサロンも似たようなものです。

夫のよくある思い込みや勘違い

主婦,脱毛

ここまで読んだ主婦のみなさまは、もうすでに旦那さまを説得するだけの知識は持っています。

しかしそれでもまだ旦那さまが脱毛に反対をするという人のために、男性がよくしている勘違いや、脱毛に関する悪い思い込みを紹介します。

通い続けないと意味がない?

脱毛は「通い続けないと意味がない」とよく言われますが、まったくの見当違いです。

永久脱毛は「永久に通い続けなければいけない脱毛ってこと?」なんていう人もいて、やれやれです(´-ω-`)フッ…

まず知っておいてほしいのは、脱毛は1回でも効果があります

人の毛には毛周期というものがあって、表面に出ている毛や、生える準備をしている毛など、いろんな状態の毛が存在します。

そのうち脱毛で効果があるのは、一部の状態の毛だけです。なので1回の脱毛ですべての毛をキレイにすることはできないんです。

でも、その一部の毛にはちゃんと効果があって、毛母細胞や毛乳頭にダメージは入っています

もし細胞を破壊しきれていなかったとしても、生えてくるスピードが遅くなったり、生えてくる毛が細くなったりします。

それだけで、自己処理が楽になることもあります。

もちろん実際1回ではほとんど効果を実感できないという人がほとんどですが、2回3回とやるうちにその効果がつみ重なって毛がなくなっていく、というイメージです。

つまり、通い続けなくても脱毛の効果は実感できるんです。

「ツルツルで一生1本のムダ毛も生えてこない状態」だけが脱毛のすべてではありません。

ムダ毛処理が楽になることが大切なのですから、少し毛が薄くなるだけでもぜんっぜん違いますよ。

強引な勧誘でむりやり契約させられる?

たしかに一昔前の脱毛サロンでは、格安キャンペーンで集客を行い、強引な勧誘でなかば無理やり契約を組まされる…なんてことがありました。それで、脱毛サロンに悪いイメージがついてしまったという歴史があります。

でもそれはもう古い過去の話。

今ではどの脱毛サロンでも、そのような強引な勧誘はほとんどありません

個人経営の脱毛サロンなら多少はあるかもしれませんが、シースリーやSTLASSH、銀座カラー、ミュゼなどの名の知れた大手脱毛サロンは安心して大丈夫です。

もしそのような勧誘があるとすれば、今では昔と違ってネット社会ですから、すぐに悪い口コミが広がって客足が遠のいてしまいます。

脱毛のいろは
いろは

つまり、今は強引な勧誘をすると売り上げが下がる時代になっているということ。今では「勧誘をしない」ことを売りにしているサロンも多いです。

もし旦那さまに「お前は断るのが苦手だから強引な勧誘で高額契約させられる。だから脱毛はダメ。」と言われた場合、「今は強引な勧誘はないんだよ。」と説明してあげましょう。

さらに、脱毛の契約って実はクーリングオフの対象なんです。これは脱毛サロンでも、医療脱毛でも同じ。

8日以内であれば、無条件で契約を強制解除できます。

なのでお金がないのについ契約をしてしまった・・・ということであれば、後日クーリングオフの手続きをすれば問題ありません。

むしろクーリングオフをしなくても、お店によっては電話1本で普通に契約を解除してくれることが多いですけどね(´ω`)

脱毛は体に悪い?

「脱毛は体に悪い」と言われることもありますが、これは主婦のみなさまも不安になるポイントですね。

専門家の話によると、脱毛が体に悪影響を及ぼすということはありません。ただし、施術のミスなどで火傷などの肌トラブルが起こる可能性はゼロではありません。

脱毛で皮膚ガンになる?

おそらく多くの主婦が気にされている「皮膚ガン」についてですが・・・

日本医学脱毛協会によると、「皮膚ガンになる原因は紫外線であって、脱毛に利用される赤外線では皮膚ガンになることはない」ということらしいです。

たしかに、赤外線で皮膚ガンになるなら、こたつとか電気ストーブとかも危ないですよね(笑)

脱毛では、あの赤い光の熱を収束させてレーザーやフラッシュとして皮膚に当てているので、それが原因で皮膚ガンになることはないということです。

アレルギーやアトピーが悪化する?

アレルギー体質でお肌が弱いという主婦の方も、たくさんいると思います。

これについても、日本医学脱毛協会によると、

「アトピーの現在の状態にもよりますが、レーザーが原因でじんましんやアトピーが悪化したという症例はありません。」と書いてありました。

そもそもお肌の状態が悪い状態だと、施術をしてくれないところがほとんどだと思います。

お肌の調子がよければ、脱毛をしても大丈夫だし、それによってアレルギーやアトピーが悪化するということはないということですね(^^)

皮膚の奥の血管や内臓に悪い?

脱毛が血管や内臓に悪い影響を与えると言われることもありますが、これも間違った認識です。

脱毛で利用されるレーザーなどは、皮膚表面から3~4mmにある部分までしか到達しません。なので脱毛の照射によって、血管や内臓が傷つけられるということはないということです。

参考:日本医学脱毛協会

主婦はこっそり脱毛してもバレない?

主婦,脱毛

この件について、まわりの奥様方にいろいろとお話を聞いて、調査してみました。

その結果、かなり多くの主婦が「脱毛のことをわざわざ夫に話していない」というじゃありませんか!

私は夫になんでも話すタイプなので、脱毛のことも普通に話していました。

でも世の主婦のみなさまは、結構何も言わずに脱毛をしていらっしゃる方も多いのですね…。

しかも、脱毛しても特に気づかれないんだとか。うーん、一緒に住んでいて、気がつかないものなんでしょうか。

もしかしたら普段からきちんと自己処理をなさっていて、見た目的にはそれほど変化がないからかもしれません。

なので旦那さまに秘密で脱毛をしてバレるかバレないかは、ご家庭の環境によるところが大きいと思います。

普段から旦那さまの見ていないところで自己処理をきちんとしていれば、脱毛をしてもバレる心配はなさそうです。

自己処理をそんなにしない人でも、そもそも旦那さまに体を見せないのであれば、バレることはないですよね。

ただ、「脱毛することをわざわざ夫に言わない」という人の中には、脱毛サロンの予約の日にどう言って外出するか悩むという人は多くいました。

そのような人は、買い物やエステに行く、友達とランチに行く、などと言って出かけられることが多いようです。

お金の使い道に関しても「お洋服を買った」「化粧品を買った」と言っておけば、ほとんどの旦那さまは気付かないそうです(・・;)

ここでお話したことは、隠して脱毛に行くことを勧めているわけではありませんよ?できれば旦那さまを説得して、心置きなく脱毛に行くのが理想だと私は思っています。

嘘をついて出かけるのは良心が痛むし、「もしかして浮気…!?」なんて勘違いされたらたまりません。

脱毛よりも、夫婦関係を大切にすることを心に留めておいてくださいね♪

脱毛への理解と説得の努力が必要

あなたの旦那さんは、どんなことにお金や時間をかけていますか?

釣りやスポーツ、アイテム収集やゴルフ、カラオケやお酒やゲームなど、いろんなことに趣味としてお金や時間をつぎ込んでいるのではないですか?

別にそれを悪いとは言いませんが、自分のことは棚に上げて、奥様のキレイになろうとする努力を否定するのはいかがなものかと思います。

世の主婦の皆さまは、そのような状況を甘んじて受け入れるのではなく、しっかりと脱毛について理解し、旦那様の後押しを得られるよう努力してみてはいかがでしょうか?

それでは、また次の記事でお会いしましょう♪

いろは